離婚する方法と手続き

| 未分類 |

婚姻関係を解消する方法は、夫と妻との話し合いが出来る状態かどうかによっていくつかのパターンがあります。

双方の関係が比較的良好で、感情的にならずに話し合いが出来る場合は、協議離婚という形で役所に届け出を出す方法が最も一般的です。

a0001_000584ただし、どちらか一方が婚姻関係の解消に納得せずに、話し合いが進まないときには、別れたいと思う方が、最寄りの家庭裁判所に調停を申し立てることが出来ます。

この手続きは比較的簡単に出来ますので、個人で行うことが可能です。

調停では調停員が仲介し、双方の言い分を聞き取り、関係修復を目指す話し合いを行いますが、別れたいと思う理由如何では、婚姻関係を解消する方向で話し合いを進めてくれます。

例えば配偶者の不貞行為や暴力行為、ギャンブルなどは、婚姻関係を継続することが困難であると判断されるものです。

また、夫婦に子供がある時は、子供の親権のこと、養育費のこと、また相手に確実に非があると認められるときには、精神的な負担を慰謝料という形で取り決めることも出来ます。

調停で取り決めたことは書面に残され、法律的な効力を発揮するものになりますので、新しい生活を良い形でスタートさせるために大変役立つと言えるでしょう。