離婚協議書の作成のコツ

| 未分類 |

協議離婚や調停離婚、審判離婚と様々な離婚には種類がありますが、どんな状況でも口約束だけでは後々問題になる事もあるので、子どもがいる場合の親権や養育費、そして慰謝料の金額などに関して離婚協議書を残しておくべきです。

離婚後、何年間も残り法的な強制力はないものの、父親、母親、また子どもにとって非常に重要な取り決めがなされる書類です。

この協議書、自身で作成し手続きをとることは可能です。

ですが、法的に無効な内容や違法な内容は結果無効となってしまうケースがあります。

作成するにあたってのコツ、知識をつける事が重要です。

もしくは、専門家に任せるといった方法があります。不要なトラブルを避け、アドバイスをもらう事も出来ます。

協議書自体に、法律で定められた書式というものは存在しません。

ただし、協議書を作成したらお互いが自分で署名し、実印を押印します。

複数にわたるケースであれば、契印を押印するのも忘れてはいけません。

2枚以上になる時は割印が必要です。

離婚にあたり慰謝料が発生するケース、しないケースがありますが、もし発生がない場合は記載しないのではなく、慰謝料の支払いは存在しない事を確認する。

と、きちんと記載する事でトラブルの防止となります。