» 未分類のブログ記事

離婚する方法と手続き

| 未分類 |

婚姻関係を解消する方法は、夫と妻との話し合いが出来る状態かどうかによっていくつかのパターンがあります。

双方の関係が比較的良好で、感情的にならずに話し合いが出来る場合は、協議離婚という形で役所に届け出を出す方法が最も一般的です。

a0001_000584ただし、どちらか一方が婚姻関係の解消に納得せずに、話し合いが進まないときには、別れたいと思う方が、最寄りの家庭裁判所に調停を申し立てることが出来ます。

この手続きは比較的簡単に出来ますので、個人で行うことが可能です。

調停では調停員が仲介し、双方の言い分を聞き取り、関係修復を目指す話し合いを行いますが、別れたいと思う理由如何では、婚姻関係を解消する方向で話し合いを進めてくれます。

例えば配偶者の不貞行為や暴力行為、ギャンブルなどは、婚姻関係を継続することが困難であると判断されるものです。

また、夫婦に子供がある時は、子供の親権のこと、養育費のこと、また相手に確実に非があると認められるときには、精神的な負担を慰謝料という形で取り決めることも出来ます。

調停で取り決めたことは書面に残され、法律的な効力を発揮するものになりますので、新しい生活を良い形でスタートさせるために大変役立つと言えるでしょう。

離婚協議書の作成のコツ

| 未分類 |

協議離婚や調停離婚、審判離婚と様々な離婚には種類がありますが、どんな状況でも口約束だけでは後々問題になる事もあるので、子どもがいる場合の親権や養育費、そして慰謝料の金額などに関して離婚協議書を残しておくべきです。

離婚後、何年間も残り法的な強制力はないものの、父親、母親、また子どもにとって非常に重要な取り決めがなされる書類です。

この協議書、自身で作成し手続きをとることは可能です。

ですが、法的に無効な内容や違法な内容は結果無効となってしまうケースがあります。

作成するにあたってのコツ、知識をつける事が重要です。

もしくは、専門家に任せるといった方法があります。不要なトラブルを避け、アドバイスをもらう事も出来ます。

協議書自体に、法律で定められた書式というものは存在しません。

ただし、協議書を作成したらお互いが自分で署名し、実印を押印します。

複数にわたるケースであれば、契印を押印するのも忘れてはいけません。

2枚以上になる時は割印が必要です。

離婚にあたり慰謝料が発生するケース、しないケースがありますが、もし発生がない場合は記載しないのではなく、慰謝料の支払いは存在しない事を確認する。

と、きちんと記載する事でトラブルの防止となります。

離婚時、そして離婚後に約束、取り決めした事項を書面にまとめたものが離婚協議書と呼ばれる書類です。

内容として挙げられるのは、未成年の子どもがいる場合、その養育を父親、母親いったいどちらが担当するのかについて記述されます。

親権者と呼ばれるのですが、この親権者をあやふやにした状態では離婚届は受理されません。

一般的に10歳を超えている子どもであれば、子どもの意思を尊重されると言われています。

そしてよく耳にすることがある、養育費です。

子どもを育てるにあたり必要な費用を言います。

もし親権者でなく離れて暮らしたとしても、扶養する義務はあるのです。

養育費に関して法律で定められた金額というものはありません。

父親、母親の職業や財産、収入といった経済状況を考慮した上で決定されます。

父親、母親での話し合いによるのですが、目安となるのが家庭裁判所の養育費算定表です。この算定表に基づき、最終的には双方が納得できる金額を設定し、協議書に記します。

そして親権者となり得なかった親は子どもと離婚後会えないのかというと、そうではありません。面会交流と言い、頻度や場所、時間といった取り決めもされます。

子どもの意思がここでも尊重されます。

金銭的な問題

| 未分類 |

お金05離婚をすると決めたら、財産分与や慰謝料、養育費などお金のことをしっかりと決めなければなりません。基本的には、夫婦同士で話し合って決めることとなりますが、どうしても決まらない場合には離婚専門の弁護士に相談をして解決をする場合もあります。

まず、財産の分与は結婚をしてから夫婦で築き上げた財産を夫婦で半分にします。

そのため、結婚前の貯金は、分与の対象にはなりません。

結婚してからたとえば夫が1000万円、妻が100万円の所得があり貯金があった場合、離婚するときには550万円ずつ分与がなされます。

また、慰謝料とは精神的苦痛に対して支払われる損害賠償のことで、離婚を切り出したほうが支払うものではありません。

これは暴力をふるう、不貞行為があるなど、あきらかに有責であり、いっぽうが悪い場合に、相手に対して支払うものであるため、性格の不一致などどちらか一方に非があるわけではない場合には支払うことはありません。

そして養育費とは、こどもを養育するために支払う費用のことで、親権をもっていない親が、子のために支払うものです。

もちろん子がいない場合には支払うことはありません。

妻や夫の所得に応じてかわり、再婚の場合には減額を請求することができます。

子供の問題

| 未分類 |

夫婦が婚姻関係を継続できないと判断した時、お互いの同意があれば離婚届に署名押印し、役所に提出するだけで法的な夫婦関係は無くなります。

一枚の紙切れを提出するだけで赤の他人に戻るわけです。

ただし、夫婦の間に子がいる場合には、問題はそれほど単純ではありません。

離婚は、あくまでも夫婦間の問題です、娘や息子にとってはあくまでも父であり母であることに変わりはありません。

子供が受ける精神的負担、経済的負担が最小限で済むような方法を考えることが大切です。

離婚届には、子の親権者について記載する項目があります。

特に小さな子の場合は母親が親権者・となることが多いものですが、離婚に至る要因が母親側にあるようなケースではその限りではありません。

これも、子の生活を考えてどちらが適しているか判断する必要があるでしょう。

また、親権者と監護権者を分ける方法もあります。

監護権とは子の側にいて身の回りの世話や教育など親としての仕事をする権利を言います。

小さな子の監護権だけを母親が持つ事例も少なくありません。

面会交流権についても、これを親の権利と勘違いしてはいけません。

あくまでも子の権利であることを考え、子にとって親との面会が良い影響を与えることが出来るかどうかを判断し取り決めることが大切ではないでしょうか。

離婚を決意したら

| 未分類 |

円満に話し合いで解決できるのに越したことはありませんが、そう簡単にいくものではありません。

離婚を決意したら、すぐには行動に移さず、様々な準備をする必要があります。

その最たるものが、証拠を集めることです。様々な理由から決断しますが、まずは、配偶者が有責である証拠を押さえましょう。

例えば、浮気や育児放棄をしているのならば、証拠集めは自分でも出来ますが、興信所や探偵事務所に依頼することで、確実に証拠を確保できます。

できれば、継続した記録があることが望ましいです。

また、婚姻関係が継続している間は、配偶者の扶養義務があるので、生活費を渡さないなどの行動は慎んでください。

現在住んでいる場所の名義が、共同名義だった場合は、勝手に鍵を変更することもできません。

共有財産の分配をしなければならないので、そちらの希望もまとめます。

さらに、慰謝料は、少額でも貰えるのなら、受け取っておきましょう。

再婚する際に、相手から慰謝料を貰っていれば、自分に非のないことの証明になります。

お子さんがいる場合は、親権や養育費についても決める必要があります。

a0001_000062
共有財産や慰謝料などわからなければ、弁護士に依頼することで、スムーズにいきます。

離婚は、生涯でとても大事な局面を迎えていることになりますので、その判断には慎重にならざるを得ないものです。

身近な人に相談をするのも、もちろん悪くはありませんが、家庭裁判所や法律事務所を利用してみるのもおすすめです。

何といっても、法律の専門家ですので具体的な答えが返ってくることで考えをまとめやすくなったり、悩みを軽減することにつながったりします。

相談窓口として、全国各地の家庭裁判所には、相談員である調査官・書記官などが在籍していますし、無料で相談が出来ます。

しかし、相談時間は1件につき30分程度となっています。

その相談内容は、離婚調停・審判の申立て手続きの方法や必要な書類の書き方、あるいは、家庭裁判所の利用方法などについてです。

具体的に利用するには、相談受付時間に家庭裁判所の「家事相談」コーナーを訪れると出来ます。
利用するには、事前の予約も必要ありません。
お住まいからなるべく近い家庭裁判所へ問い合わせをしておくと、色々と教えてくれます。

慰謝料の額がいくらになるかと言う金銭的な問題となると、法律事務所で相談するのが最適です。

いずれにしても、法律の専門家に相談することで離婚を踏み留まることも出来ますし、離婚するのが最善策ならそれに向けての手続などを相談して行くことも可能です。”

今の心境を客観的に整理

| 未分類 |

離婚をしようと考える時は、気持ちがたかぶっていることがとても多いです。

様々なことで相手に対して腹をたてたり、恨んでいたり、あまり落ち着いた感情ではないことが多いでしょう。

しかし、そのような時こそ、今の心境を客観的に生理することがとても大切なのです。

離婚の判断をする前に、まずは、自分の気持ちを客観的に見てみるようにしましょう。第三者の目線で考えてみることが大切です。

自分が最も腹をたてていることは何なのか、何にもう我慢が出来なくて離婚をしようと考えているのか、相手に対して愛情は全くないのかなど、様々なことを自分に対して問いかけ、その答えを出してみるようにしましょう。

誤魔化したり、自分だけの立場で考えたりせず、冷静に答えていくことが大切です。

また、自分の気持ちを日記などに書いてみることも良いです。思い切り、今の自分の気持ちを書き出し、3日ほど経過してから読み返してみるようにしましょう。

共感できるかもしれませんし、こんなことぐらいでと思うかもしれません。

客観的に見ることが出来るはずです。

このように、離婚をしようと判断する前に、今の気持ちを客観的に整理することはとても大切です。

冷静に行ってから、判断するようにしましょう。

離婚の判断をする前に

| 未分類 |

a0027_000273せっかく大切な相手を見つけて結婚しても、最近ではかなり離婚率が高いそうです。その原因には、様々な理由があります。

例えば、配偶者の不貞行為や浪費癖、家事や育児に非協力的、暴力などが挙げられます。

嫁姑問題や言葉の暴力と言われるモラルハラスメントも婚姻を継続し難い重大な理由として当てはまります。でも、その判断基準は人それぞれです。

きっと蓄積された不満や苦悩があってのことですが、簡単なことではありません。

決断する前に、その後の生活を考えて見ましょう。

生活出来るほどの経済力が自分にあるか、子どもがいる場合は子どもを育てていける自信があるのか、住む場所はあるのかなど考えなければいけないことは山ほどあります

もちろん顔も見たくない、話もしたくないような配偶者と今後のことを話し合う場が必要で、それはかなりのエネルギーが必要です。自分の主張したいことを全て出して、相手の意見も受け入れて、遠慮をせずにじっくり話し合わなければいけません。

どうしても夫婦での話し合いが難しければ、第三者に間に入ってもらったり、手紙やメールでも構いません。

そうしてお互いに本音でぶつかることで、考えが少しでも変わる場合だってあります。

そうして冷静な判断が出来るように、自分が本当に幸せになれる道を選んでいきましょう。