離婚を決意したら

| 未分類 |

円満に話し合いで解決できるのに越したことはありませんが、そう簡単にいくものではありません。

離婚を決意したら、すぐには行動に移さず、様々な準備をする必要があります。

その最たるものが、証拠を集めることです。様々な理由から決断しますが、まずは、配偶者が有責である証拠を押さえましょう。

例えば、浮気や育児放棄をしているのならば、証拠集めは自分でも出来ますが、興信所や探偵事務所に依頼することで、確実に証拠を確保できます。

できれば、継続した記録があることが望ましいです。

また、婚姻関係が継続している間は、配偶者の扶養義務があるので、生活費を渡さないなどの行動は慎んでください。

現在住んでいる場所の名義が、共同名義だった場合は、勝手に鍵を変更することもできません。

共有財産の分配をしなければならないので、そちらの希望もまとめます。

さらに、慰謝料は、少額でも貰えるのなら、受け取っておきましょう。

再婚する際に、相手から慰謝料を貰っていれば、自分に非のないことの証明になります。

お子さんがいる場合は、親権や養育費についても決める必要があります。

a0001_000062
共有財産や慰謝料などわからなければ、弁護士に依頼することで、スムーズにいきます。